<新型コロナ>トヨタ、1兆円融資枠要請 大手2行応じる方針/ <新型コロナ>スズキ、国内全工場停止 ホンダ 日産も生産調整


トヨタ自動車が、三井住友銀行と三菱UFJ銀行に対し、計一兆円の融資枠の設定を要請したことが分かった。トヨタの財務基盤は強固だが、新型コロナウイルスによる販売や業績への影響が長期化した場合に備えて、手元資金を手厚くする狙いがあるとみられる。両行とも応じる方針。
 融資枠は、銀行と企業が事前に取り決めた範囲内で、企業の求めに応じて、銀行が迅速に融資を実行する契約。トヨタは三井住友と三菱UFJにそれぞれ五千億円ずつの融資枠の設定を要請した。
 トヨタは、新型コロナの感染防止に向けた各国政府の外出規制の方針に対応し、欧州や北米、東南アジアなどで、工場の稼働を一時的に停止。国内でも四月三日から一定期間、五工場の七生産ラインの稼働を止める方針だ。
//////
トヨタ、1兆円の融資枠要請 新型コロナ長期化に備え


トヨタ自動車が三井住友銀行と三菱UFJ銀行に対し、計1兆円規模のコミットメントライン(融資枠)の設定を要請したことが27日、明らかになった。足元でトヨタの財務基盤は強固だが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で不透明感が増す事業環境に備える。


トヨタは2019年12月末で約6兆円の手元資金がある。格付け大手のムーディーズ・ジャパンは27日、トヨタの財務格付けを1段階下げて「A1(シングルAプラスに相当)」にしたが、なお日本企業では屈指の高水準にある。

ただ、新型コロナの猛威に歯止めがかからず、トヨタは新車市場の減速に備えて欧米などで工場の休止が相次いでいる。国内でも4月3日から5つの工場で7つの生産ラインを一時休止する方針を固めている。内外の金融市場も荒っぽい値動きが続いており、手元資金を厚めにする狙いがある。

自動車メーカーを巡っては世界的に販売が急減し経営環境が悪化している。米ゼネラル・モーターズ(GM)はキャッシュフロー(現金収支)の悪化に備え、金融機関の融資枠から160億ドル(約1兆7000億円)を引き出して手元資金に加えたほか、グローバルの正社員約6万9000人の給与の20%の支給を延期する方針を示している。


//////
<新型コロナ>スズキ、国内全工場停止 ホンダ 日産も生産調整



  新型コロナウイルス感染の広がりの影響で自動車各社の操業停止が拡大する。スズキは二十七日、インドからの部品供給が滞ると見込まれるため、国内全工場の操業を四月一日から三日間停止すると発表。ホンダや日産自動車なども生産調整に踏み切る方針。物流の混乱や販売減少の影響が深刻化してきた。
 スズキとホンダが新型コロナの影響で国内工場を停止するのは初めて。スズキは自動車や二輪車、鋳造部品などを生産する静岡県内の五工場のほか、同県と秋田県、富山県にある製造子会社が対象となる。
 ホンダはミニバン「フリード」などを生産する埼玉製作所狭山工場(埼玉県)と二輪車を手掛ける熊本製作所(熊本県)でそれぞれ四月中旬の二日間、生産を停止する。三月三十日までとしていた北米工場の休止期間は四月六日まで延長する。
 日産も世界的な需要の落ち込みを受け、四月以降に国内三工場で生産調整を行う。主に高級車を生産する栃木工場(栃木県)や、小型車を手掛ける追浜工場(神奈川県)では断続的に稼働を止める。子会社の日産自動車九州(福岡県)の工場は四月二日から四月末まで夜間の操業は行わず、五月一日は停止する。
 三菱自動車は海外からの部品調達が難しくなっているとして、水島製作所(岡山県)で軽自動車の生産ラインを三月二十七日~四月十日に休止する。 

/////
スズキが国内全工場停止 4月1日から3日間、新型コロナ影響

  スズキは27日、4月1日から3日間、国内全5工場(いずれも静岡県内)の操業を停止すると発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、インドなど海外から一部部品の調達ができなくなるため。同社は既に、複数の海外生産拠点で操業停止を余儀なくされている。新型コロナウイルスの影響が県内にも本格波及した。
 5工場は四輪生産の湖西(湖西市)、磐田(磐田市)、相良(牧之原市)と二輪生産の浜松(浜松市北区)、部品製造の大須賀(掛川市)で、従業員数は計6200人に上る。同社子会社のスニック(磐田市)も1日から3日間工場を停止し、スズキ部品製造(浜松市北区)とスズキ部品富山(富山県)は一部停止とする。スズキ本社(浜松市南区)は休業しない。
 同社国内全工場の一時停止措置は東日本大震災が起きた2011年3月以来という。
 インドとフィリピンでの全土外出禁止令の影響で、両国から日本に仕入れていた部品の納入が滞り、完成車の通常生産は困難と判断した。同社は他地域からの部品の代替輸入など、調整を急ぐ。週明け6日以降の工場稼働については「状況を見極めた上で判断する」としている。
 同社は3月27日現在、インド、フィリピンのほか、ハンガリー、パキスタン、コロンビア、米国の各国で、現地政府の指示や要請に合わせて工場の操業を一時停止している。
 国内自動車メーカーでは、トヨタ自動車やマツダなども国内一部生産拠点の一時停止方針を打ち出している。

/////

新型コロナ/スズキ、インド全工場停止 来月14日まで


スズキはインドのモディ首相が25日から21日間の外出禁止措置を全土に発令したことを受け、同国の全工場の操業を4月14日まで停止する。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための措置で、稼働再開については政府の意向に従う。減速が続くインド経済は、一段の悪化が避けられない状況だ。スズキは総売上高の3割以上を同国で稼いでおり、業績への影響が懸念される。

スズキは北部ハリヤナ州に4輪車2工場と2輪車1工場、西部グジャラート州に4輪車1工場を持つ。4輪車3工場の総生産能力は年200万台。いずれの工場も25日から4月14日までの21日間、操業を停止する。ハリヤナ州の4輪車工場では輸出も担うが、足元で代替生産は検討していないという。

インドの従業員数は合計で約1万9000人。事務部門は在宅勤務で対応し、工場従業員は自宅待機とする。