マツダ 日本、タイなどで工場一時休止 新型コロナウイルス問題


 マツダが国内工場を一時休止、グローバルで生産調整…新型コロナウイルス問題

マツダは24日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響に伴う部品調達問題、主に海外市場の販売の急激な停滞、今後の市場環境の不透明性を考慮し、日本国内を含む各国の工場において生産調整を実施する、と発表した。

本社工場(広島県府中町、広島市南区)および防府工場(山口県防府市)では、3月28日から4月30日までの間、13日間の操業を休止し、さらに8日間は昼勤のみ稼働とする。

このうち一部については、2021年3月期第2四半期以降に操業を振り替える予定だ。また、この期間における間接業務は従来通り継続する。

海外工場については、メキシコの生産拠点「Mazda de Mexico Vehicle Operation」は、3月25日から約10日間、タイの生産拠点「Auto Alliance (Thailand) Co., Ltd.」は、3月30日から約10日間、それぞれ操業を休止する計画だ。
/////
2020/03/24
タイに入国する日本人、1日100人未満に

国境を越える人の動きが世界的に制限されている状況にあって、タイを訪れる日本人も大きく減少しています。

スワンナプーム空港
タイ入国管理局(Thailand Immigration Bureau)が明らかにしているデータによると、2月20日頃までは毎日4,000~5,000人の日本人旅行者が入国していて昨年同期と比較してもそれほど大きな違いは無かったのですが、2月末を境に減少幅が一気に拡大。


その落ち込み具合は1週間ごと(各日曜日)の数字を見ると一目で明らかです。

2月23日 4,282人
3月1日 2,740人
3月8日 1,440人
3月15日 817人
3月22日 156人

そして昨日(3月23日)、タイに入国した日本人はわずか95人に。ついに100人を切りました。この1か月で状況が激変したのは日本以外の他国も同様で、昨日スワンナプーム空港から入国した外国人総数は810人、ドンムアン空港に至ってはたった14人。バンコク以外の地方空港ではプーケット空港からが264人、チェンマイ空港15人などとなっています。

タイへの入国者数(国籍別、3月23日)
中国 288人
ロシア 268人
フィリピン 157人
マレーシア 166人
ラオス 98人
日本 95人
ドイツ 73人
ミャンマー 69人
イギリス 67人
ベトナム 55人

昨日からは陸路国境も全て閉鎖された影響で、タイ近隣国からの入国者も大幅に減少。特に顕著なのはラオス人で、前日の3月22日は6,853人がタイに入国していたのですが、たった1日でその数は98人にまで急減しています。

/////
2020年3月22日
格闘技で集団感染…タイ・バンコクが事実上“封鎖”に

タイの首都バンコクは3月21日、市内のデパート(食料品店や日用品除く)や娯楽施設などの営業を3週間禁止すると発表した。それに先立ちタイ政府は入国規制の厳格化も発表した。これまで規制が比較的緩やかだったタイだが、地元当局がここにきて相次いで厳格な措置に踏み切っている。

その背景にあるのは、1週間前から始まった感染者数急増への危機感だ。そして急増の主要因の一つが、タイの格闘技「ムエタイ」競技場で発生した集団感染である。

「無観客措置」も手遅れ…格闘技で集団感染

体が衝突するたびにリング上に飛び散る汗。両手両足を使って様々な技を繰り出す選手たち。立ち技の世界最強格闘技といわれるタイ式のキックボクシング「ムエタイ」のワンシーンだ。

タイの国技である格闘技「ムエタイ」の二大殿堂の一つ、ルンピニー・スタジアムで3月6日に行われた試合で集団感染が発生していたことが分かった。

他の競技場でも感染が発覚し、現時点でムエタイ絡みの感染者数は観客やその家族など合わせて125人(3月22日現在)に上っているが、政府はさらに数百人が感染している恐れもあるとみていて事態は深刻だ。


集団感染が起きたルンピニー・スタジアム(タイ・バンコク)
この試合会場には当時、有名な俳優やタイ軍関係者、有力政治家、そして大勢のファンが来場していた。感染発覚が遅れたこともあり、潜在的な感染者はすでにタイ全土に広がっている。タイ当局は参加者の追跡を最重要課題と位置づけていて、封じ込めに必死だ。

ルンピニー・スタジアムは集団感染が起きた4日後にも、試合を行っていた。主催者は、その日から感染者対策として試合を無観客に変更していたが、こうした措置は既に手遅れだった。

ムエタイ関連の感染は2割に

ムエタイ格闘技場での感染は、ルンピニー・スタジアムだけではない。二大殿堂のもう一つ「ラジャダムナン・スタジアム」でも、ファンの感染が発覚したほか、別の試合会場でも感染が起きていた。

ムエタイの3つの会場での感染者合計は125人(3月22日現在)に上る。タイ全土の全感染者数が599人なので、実に2割がムエタイ関連の感染者だ。ルンピニー・スタジアムでは、既に数百人が感染しているおそれもあるため、その数はさらに増える可能性が高い。



密室空間で応援…集団感染に

なぜムエタイ競技場で集団感染が起きたのか。

格闘技の試合会場では、大勢の観客が密閉された空間に長時間留まる。そして、隣の人と密着した状態で座り、ひしめき合いながら声援を送る。地元客の中には絶叫しながら、熱心に選手を応援する人も多い。多くの人が会場内で行われている「賭け事」に参加し、賭けた選手が勝つよう必死で応援するからだ。会場内にいた全ての人は、濃厚接触の状態に置かれていた。



バンコクも事実上“封鎖”

連日の感染者急増に危機感を抱くタイ当局は、ここにきて入国制限や商業施設の営業禁止など、相次いで厳しい対策に踏み切っている。

タイ政府は22日から、タイに向かう航空機に搭乗する際、日本を含む感染拡大国からは、新型コロナウイルスの感染リスクがないことを証明する健康証明書の提示を義務付けた。これは「非感染証明書」と同様であり、健常者に検査を行っていない日本で取得するのは難しく、タイ当局による事実上の入国制限となっている。

またバンコク首都圏は22日から、商業施設(食料品・日用品以外)や娯楽施設などの営業を3週間禁止すると発表した。禁止の対象は、ほかにも教育機関やジムなど幅広い項目が並ぶ。

生活に欠かせないスーパーマーケットや食料品店、コンビニエンスストアは通常営業で、飲食店に対しては、持ち帰りや宅配のみ営業を認めている。しかしタイ国内では、不安に思った人たちが、一時的にスーパーに殺到した。

現地の日本人社会にも不安が広がっている。タイには7万人以上の日本人が住んでいるが、現状では日本に一度帰国したらタイに戻ることは出来ない。学校や塾は閉鎖され、レストランやカフェでの飲食もできない。

タイは今、最も暑い季節にあり、昼間の気温は35度を超す日も多いため、外を散歩するのもままならない。それは同様に事実上の封鎖状態にあるマレーシアやフィリピン、インドネシアなどに住む日本人も同じだろう。



社会的距離を保つのが重要

「誰が感染しているか分からない。人混みに近づかないでほしい」
タイのアサウィン都知事は21日、こうテレビで市民に対して呼びかけた。

タイでも新型コロナの感染を防ぐために、社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング)を取るよう求められている。つまり人々が互いに物理的な距離を保って、濃厚接触を避けるための手法だ。すでにバンコクでは、エレベーターなどでも、距離を取るための工夫がなされている所もある。

これ以上の感染を食い止めるため、そして自分の身を守るためにも、こうした「社会的距離」を一人ひとりが意識するのが大事だ。
/////


ラオス、新型コロナ感染者を初確認 ASEAN全域に拡大 / 【ラオス】新型コロナウイルスに2人、初の感染確認 / 新型コロナウイルスの影響で航空便の運休や減便が相次ぐ、観光業に打撃も



 【バンコク】ラオス保健省は24日、同国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。感染者は2人で、首都ビエンチャンのホテルで働く男性(28)と観光ガイドの女性(36)。現在は隔離病棟に入院しているという。今回のラオスの発表を受け、東南アジア諸国連合(ASEAN)のすべての国で感染が確認されたことになる。

 ラオスには中国からやってきた労働者も多い(17年、ラオス北部ルアンプラバン郊外の鉄道建設現場)
画像の拡大
ラオスには中国からやってきた労働者も多い(17年、ラオス北部ルアンプラバン郊外の鉄道建設現場)
世界的に新型コロナの感染が拡大する中、中国と国境を共有するラオスではこれまで感染が確認されていなかった。

ラオス政府は18日、国内での感染が確認されるのに先駆け、すべての外国人への観光ビザ(査証)の発給を30日間停止することを決めていた。カラオケやマッサージ店、居酒屋などの娯楽施設も一時的に閉鎖している。

足元ではタイ政府による陸上国境の封鎖や商業施設の一時閉鎖を受け、タイに出稼ぎに来ていたラオスやミャンマーの労働者が一斉に帰国。医療水準が高くない途上国で、今後さらに感染が拡大する懸念がある。

/////
【ラオス】新型コロナウイルスに2人、初の感染確認

 ラオス保健省は24日、新型コロナウイルスの感染者2人を確認したと発表した。 いずれも首都ビエンチャン在住のラオス人で、ツアーガイドの女性(36)と、タイの首都バンコクから帰国したホテル従業員の男性(28)。ラオスで感染者が確認されたのは初めて。

/////

新型コロナウイルスの影響で航空便の運休や減便が相次ぐ、観光業に打撃も

ビエンチャン発
2020年03月23日
ラオス国内では3月18日現在、新型コロナウイルスの感染者は確認されていないが、世界的な感染拡大の影響を受けて、ラオスに就航する航空会社による運休や減便が相次ぐ。ラオス国営航空は中国、韓国便の一部を3月末まで運休・減便としたほか、3月29日に予定していたビエンチャン~ベトナム・ダナン線の新規就航の延期を決定した。また、日本人の利用が多いバンコク~ビエンチャン線でも運休・減便がみられる(表参照)。
表 ラオスに就航する航空会社の運航状況
経済成長率の目標達成は困難との見方も
ラオス観光統計によると、2018年の外国人観光客数は418万6,000人で、うち上位4カ国(タイ、ベトナム、中国、韓国)が全体の9割を占めた。こうした主要国との路線が運休や減便となったことで、観光業への影響は深刻だ。
現地の日系旅行代理店は「新型コロナウイルスの拡大懸念が本格化した2月初旬ごろから、ラオスを訪問するツアーや航空券のキャンセルが相次ぎ、3月以降は新規の問い合わせがほとんどない。例年、2月は決算前出張や学生旅行が集中する繁忙期であるだけに、厳しい状況」と肩を落とす。また、地場系の5つ星ホテルの担当者は「ホテル宿泊客は通常営業時の40%減で、稼働率は極めて低い。3月以降は新規予約がほとんどなく、連日キャンセルが続いている」と嘆く。
世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)の2019年報告書によると、ラオスの観光業はGDPの12%を占め、就業者は34万7,000人(全就業者の10.5%)に上り、国内雇用を創出する基幹産業の1つでもある。ラオス国立経済研究所(NIER)のリーバー所長代行は、観光産業はウイルス拡大による最初の影響を受ける分野だと指摘し、目標経済成長率の6.7%の達成は困難との見方を示した(「ビエンチャン・タイムズ」紙3月4日)。

//////
2020年3月19日 
コロナ、ミャンマーとラオス0? 感染者、公式発表に疑念


 【バンコク共同】世界の感染者が20万人を超えた新型コロナウイルスだが、中国と接するミャンマーとラオスでは、公式発表によると感染者は出ていない。国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は17日の声明で、ミャンマーの人数に疑念を示し、政府を批判。英紙テレグラフは「東南アジアで静かに感染がまん延している懸念がある」と伝えた。
 HRWのアジア局長代理、フィル・ロバートソン氏は声明で、ミャンマーは中国と2千キロ以上国境を接し、労働者が行き来しているが「感染者がいないと主張している」と指摘した。
//////

ラオス、新型コロナ感染者を初確認 ASEAN全域に拡大 / 【ラオス】新型コロナウイルスに2人、初の感染確認 / 新型コロナウイルスの影響で航空便の運休や減便が相次ぐ、観光業に打撃も



 【バンコク】ラオス保健省は24日、同国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。感染者は2人で、首都ビエンチャンのホテルで働く男性(28)と観光ガイドの女性(36)。現在は隔離病棟に入院しているという。今回のラオスの発表を受け、東南アジア諸国連合(ASEAN)のすべての国で感染が確認されたことになる。

 ラオスには中国からやってきた労働者も多い(17年、ラオス北部ルアンプラバン郊外の鉄道建設現場)
画像の拡大
ラオスには中国からやってきた労働者も多い(17年、ラオス北部ルアンプラバン郊外の鉄道建設現場)
世界的に新型コロナの感染が拡大する中、中国と国境を共有するラオスではこれまで感染が確認されていなかった。

ラオス政府は18日、国内での感染が確認されるのに先駆け、すべての外国人への観光ビザ(査証)の発給を30日間停止することを決めていた。カラオケやマッサージ店、居酒屋などの娯楽施設も一時的に閉鎖している。

足元ではタイ政府による陸上国境の封鎖や商業施設の一時閉鎖を受け、タイに出稼ぎに来ていたラオスやミャンマーの労働者が一斉に帰国。医療水準が高くない途上国で、今後さらに感染が拡大する懸念がある。

/////
【ラオス】新型コロナウイルスに2人、初の感染確認

 ラオス保健省は24日、新型コロナウイルスの感染者2人を確認したと発表した。 いずれも首都ビエンチャン在住のラオス人で、ツアーガイドの女性(36)と、タイの首都バンコクから帰国したホテル従業員の男性(28)。ラオスで感染者が確認されたのは初めて。

/////

新型コロナウイルスの影響で航空便の運休や減便が相次ぐ、観光業に打撃も

ビエンチャン発
2020年03月23日
ラオス国内では3月18日現在、新型コロナウイルスの感染者は確認されていないが、世界的な感染拡大の影響を受けて、ラオスに就航する航空会社による運休や減便が相次ぐ。ラオス国営航空は中国、韓国便の一部を3月末まで運休・減便としたほか、3月29日に予定していたビエンチャン~ベトナム・ダナン線の新規就航の延期を決定した。また、日本人の利用が多いバンコク~ビエンチャン線でも運休・減便がみられる(表参照)。
表 ラオスに就航する航空会社の運航状況
経済成長率の目標達成は困難との見方も
ラオス観光統計によると、2018年の外国人観光客数は418万6,000人で、うち上位4カ国(タイ、ベトナム、中国、韓国)が全体の9割を占めた。こうした主要国との路線が運休や減便となったことで、観光業への影響は深刻だ。
現地の日系旅行代理店は「新型コロナウイルスの拡大懸念が本格化した2月初旬ごろから、ラオスを訪問するツアーや航空券のキャンセルが相次ぎ、3月以降は新規の問い合わせがほとんどない。例年、2月は決算前出張や学生旅行が集中する繁忙期であるだけに、厳しい状況」と肩を落とす。また、地場系の5つ星ホテルの担当者は「ホテル宿泊客は通常営業時の40%減で、稼働率は極めて低い。3月以降は新規予約がほとんどなく、連日キャンセルが続いている」と嘆く。
世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)の2019年報告書によると、ラオスの観光業はGDPの12%を占め、就業者は34万7,000人(全就業者の10.5%)に上り、国内雇用を創出する基幹産業の1つでもある。ラオス国立経済研究所(NIER)のリーバー所長代行は、観光産業はウイルス拡大による最初の影響を受ける分野だと指摘し、目標経済成長率の6.7%の達成は困難との見方を示した(「ビエンチャン・タイムズ」紙3月4日)。

//////
2020年3月19日 
コロナ、ミャンマーとラオス0? 感染者、公式発表に疑念


 【バンコク共同】世界の感染者が20万人を超えた新型コロナウイルスだが、中国と接するミャンマーとラオスでは、公式発表によると感染者は出ていない。国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は17日の声明で、ミャンマーの人数に疑念を示し、政府を批判。英紙テレグラフは「東南アジアで静かに感染がまん延している懸念がある」と伝えた。
 HRWのアジア局長代理、フィル・ロバートソン氏は声明で、ミャンマーは中国と2千キロ以上国境を接し、労働者が行き来しているが「感染者がいないと主張している」と指摘した。
//////

日本の状況 帰国?出国?メモ (Yahooニュース程度?)


「日本に帰国の予定なのか?」不明ですが・・・。

結論  「タイー成田」便 より 「タイー関空」の方がマシ?? でも「関空」の行列、検疫は、注意?

「タイー成田」便は避けた方が、よさそうです。以下のニュースと、わたしの「計算」から、「首都封鎖(ロックダウン)」するかは、別として、相当、感染拡大のスピードが加速し始めた?と判断できます。(「首都封鎖(ロックダウン)」なら、飛行機は飛ばず、飛んだとしても、移動できない。ロシア国民のようになる。今、ロシア人は、海外からの自国民ツアー客を、世界中の「空港泊」をしいています。)3連休に「コロナ疲れ?コロナ慣れ?」と称して、対策もぜず、外出した人数がかなりあった。さらに、新年度で、人口移動も増加が予想され「関東」はリスクが高まっている?かな程度です。


「タイー関空」便の方が、リスクは少ないように思われます。もちろん、同程度のリスクですが・・・。

私見(統計学的予想)では、「日本国の緊急事態宣言」が、近々デル?確率は高い。 「首都封鎖(ロックダウン)」は、不明ですが?(笑)

////
以下のニュース に注目?!

羽田空港 大行列 4時間5時間の行列(米国・欧米帰国者ら)
(空港でうつる可能性あり?  検疫官は「マスク1枚」のみ 「行列」でうつる? 「検疫官」からうつる?)

//
“首都封鎖(ロックダウン)”になったら 新型コロナウイルス
( 東京だけでなく、関東地区の人数の増加率が高い。感染経路の不明の人数が増加している。 )
//
志村けんさん 新型コロナ陽性 肺炎の症状...現在も入院中
(志村けんさんからのメッセージとして「大丈夫da?」が「大丈夫か?」に)

//
////
////
参考
////
新型コロナ、小池都知事「首都の封鎖あり得る」


東京都の小池知事は、新型コロナウイルスの大規模な感染拡大が認められた場合は、首都の封鎖=ロックダウンもあり得るとして、都民に対し、大型イベントの自粛などを改めて求めました。
 「この3週間オーバーシュートが発生するか否かの大変重要な分かれ道であるということです」(小池百合子 東京都知事)
 小池都知事は、23日から3週間、イベントなど人が密集する空間への外出を控えるよう都民に呼びかけました。都内で大規模な感染拡大が認められた際には、東京都を封鎖する「ロックダウン」も検討するとしています。
 また、小池知事は、海外から帰国後に感染が確認されるケースが多くなっていることから、羽田空港の検疫の状況を自ら確認することを発表。さらに、東京には大学も多く、症状の軽い人たちが感染を広げないように、若者にメッセージを出すことを明らかにしました。
/////
志村けんさん 新型コロナ陽性 肺炎の症状...現在も入院中

 お笑いタレントの志村けんさん(70)が、新型コロナウイルスの検査で陽性と診断されたことがわかった。
所属事務所によると、志村さんは、3月中旬に肺炎の症状を訴えて、都内の病院で治療を受けているという。
志村さんは、その後、新型コロナウイルスの検査で陽性と診断された。
志村さんは現在も入院し、治療を受けているという。
症状などの詳細については、所属事務所が25日昼ごろにコメントを発表する予定だという。
/////

東京五輪・パラ、「1年程度」の延期決定 「東京2020」の名称は維持

今年7月24日から始まる予定だった東京オリンピックの主催者たちは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)への配慮から、開催を「1年程度」延期することで合意した。日本の安倍晋三首相が24日夜、明らかにした後、組織委と国際オリンピック委員会(IOC)が共同声明で発表した。

/////

東京は「呪われたオリンピック」かも?
いろいろな問題があった「エンブレム問題」「国立競技場問題」等、まだ、まだ、出てきそう。


/////

タイ、26日に非常事態を宣言か? 新型コロナ感染拡大、外出禁止も / タイ航空、ほぼ全便運休 新型コロナで旅客急減 

タイ と ラオス と ミャンマー と ベトナム と 中国  (3月21日までに外務省)

タイの政府 日本からのタイ入国、健康証明書と医療費補償の証明提示義務付け 3月21日から

ラオス周辺 東南アジアや欧州からの入国者に2週間待機要請 新型コロナ専門家会議
/////