ついに登場のプリウスPHV、トヨタがエコカーの“大本命”に据える理由

石原さとみ PHV 00



石原さとみ 00 PHVm

 石原さとみ PHV j


 
PHV puriusu  320 ×320 ssss

トヨタ自動車は先日の「プリウスPHV」発表会で、エコカーの大本命はプラグインハイブリッド車(PHV)だと言い切った。これまでエコカーの主力はハイブリッド車(HV)と語っていたトヨタが、PHVに舵を切った理由とは何か。PHVを取り巻く状況を踏まえて解説していこう。

 
TVコマーシャルに出演する石原さとみさんも駆けつけた「プリウスPHV」発表会
 
「これがトヨタの答え」

2017年2月15日に行われたトヨタのプリウスPHV発表会。 最初に壇上に立ったのは、トヨタの代表取締役会長を務める内山田竹志氏だった。 内山田氏はちょうど20年前にデビューした初代プリウスのチーフエンジニア。「ミスターハイブリッド」が直々にPHVを紹介したのだ。

壇上で内山田氏は、まずHVが1,000万台の販売を達成し、7,700万トンのCO2を削減したことを発表した。合わせてトヨタは、2050年までに販売車種のCO2排出量を90%削減するという目標も掲げた。

この方針の中で、トヨタが究極のエコカーと考えているのが燃料電池自動車(FCV)だ。しかしFCVは、インフラ整備も必要であり普及には時間がかかる。しばらくは石油が自動車用エネルギーの主流であり続けると内山田氏は解説し、その中で大本命のエコカーがPHVだと語った。

壇上背後のスクリーンには、「ハイブリッドの次は、なんだ?」という言葉が掲げられていた。内山田氏はプレゼンテーションの最後でそれに答えるように、「これがトヨタの、答えです。」というメッセージを残した。

 
ミスターハイブリッドの内山田氏が直々にプレゼンを実施
 
先代の教訓も糧に

なぜトヨタはここまでプリウスPHV推しなのか。その裏には、2012年1月に発売した先代プリウスPHVが思うような結果を挙げられなかったことがある。

これについてトヨタは、先代プリウスPHVはデビュー当初で約100万円、価格を下げた最終型でも約70万円の差があったにもかかわらず、HVのプリウスとの差別化が少なく、 バッテリーだけで走れる電動走行距離も26.4キロと短かったことなどを理由に挙げていた。しかし筆者は、それに加えて、周辺環境が大きく変わったことが関係していると思っている。

たとえば欧州。EUは2013年に、2021年までに1キロ当たりのCO2排出量を95グラム以下に抑えるという規制値を発表したが、現在の欧州の自動車メーカーの状況を見ると、この数値をクリアするのは難しい。そこで同時に、PHVを優遇する排出係数が用意された。

同じ時期、北米や中国でもこのような優遇策が相次いで発表された。背景に日本が主導権を握るHVへの対抗心があるのは明らかだ。つまり、昨今のPHVブームは戦略という側面が強いことを理解すべきだろう。

さらに2013年、三菱自動車工業が「アウトランダーPHEV」を出したことも大きい。三菱の電気自動車(EV)技術を活用した同車は、大容量バッテリーを搭載することで60.8キロの電動走行を可能としていた。この数字が評価され、同車は2015年に欧州と日本でもっとも売れたPHVになり、60キロ電動走行可能という数字はPHVのベンチマークとなった。先代プリウスPHVは遅れをとってしまったのだ。

電動走行距離は68.2キロ

では新型プリウスPHVはどうか。価格は326万1,600円からと、先代同様にHVとの差はある。しかしスタイリングはHVとは別物であり、バックドアガラスには空力性能に優れたダブルバブルウインドゥ、バックドアには軽量化に貢献するカーボンファイバー製リアゲートなど、新技術も取り入れている。インテリアではインパネ中央の、11.6インチという超大型の縦長ディスプレイが目を惹く。

 
特徴的なダブルバブルウインドゥ
 
気になる電動走行距離は68.2キロと、アウトランダーPHEVを少しではあるが上回った。そしてプリウスPHVには、ライバルにはないもうひとつの先進技術がある。ルーフに装着したソーラーパネルだ。

太陽光でクルマが走る時代に?

自動車へのソーラーパネル採用例としては、EVの日産自動車「リーフ」が知られている。しかしリアスポイラーに装着したリーフのソーラーパネルは小さく、エアコンなどの電装品用のバッテリー充電に留まっていた。その点がプリウスPHVは異なる。ソーラーパネルの最大出力は180ワットであり、発電したエネルギーを走行用バッテリーに貯めることができるからだ。


 
プリウスPHVのソーラーパネル
 
距離は1日で最大6.1キロ、平均2.9キロとわずかではあるが、休日にしかクルマに乗らないという人であれば、平日5日間がずっと快晴なら30キロ分を充電することも不可能ではない。もちろん電気代の節約になるし、日本は現在、電力の9割近くを火力発電に頼っているから環境対策にもなる。

他の自動車メーカーのPHVやEVも、大急ぎで大容量ソーラーパネル装着へと動いてくるはずだ。特にルーフの長いミニバンやSUVは効果が期待できるだろう。

この流れが進むと、車庫の常識が変わる可能性がある。これまで車庫と言えば屋根付きが格上で、月極駐車場料金も高めだったけれど、屋根が付いていてはソーラー発電ができないわけで、今後は青空駐車が注目を浴びることになるかもしれない。

クルマの充電事情は変えられるか

ただし逆に、その車庫に充電設備が用意されているかどうかという点については、発表会では言及がなかった。PHVは家庭や会社で充電できてこそメリットがある。車庫事情に恵まれない日本は、この点で不利になる。

そんな中で、日産が現在、リーフを対象に用意しているプランは参考になるのではないかと思っている。 そのプランとは、全国に5,600基以上ある急速充電器が、月会費2,000円(税別)で充電し放題になるというもの。今、リーフを新車で買って申し込むと、このプランが2年間無料になるという。

筆者も先月、このプランを取材で使ってみた。近距離を乗るだけだったら、あまりバッテリーは減らないので、たまに食事や買い物をしながら急速充電器で充電をするだけで走り続けることができた。


プリウスPHVのバッテリー容量は、満充電で280キロ走行できるリーフに比べれば小さいので、急速充電だけですべてを電動走行にするのは難しいかもしれない。けれど、自宅や会社に充電設備がない人でも、ある程度はPHVのメリットが享受できるサービスとして、価値があると思っている。

 
日本でPHVの普及を後押ししそうなプリウスPHVだが、どのように充電するかという点が課題となるかもしれない
 
当面の注目は、このプリウスPHVがどれだけ売れるか、アウトランダーPHEVの台数を上回るかに掛かっているけれど、個人的には、これを契機としてトヨタグループ、日産/三菱グループともにPHVのラインナップを増やしていってほしい。それによって、集合住宅にも充電設備を付けようという動きが活発になるかもしれないからだ。

/////

トヨタ自動車に見る水素社会への取り組み (持続可能な社会の実現へ)



環境にやさしく持続可能なエネルギーが求められるなか、私たちの生活は転換期を迎えている。国とともにさまざまな企業が新たなエネルギーの可能性を見出し、エネルギー多様化時代を見据え、動き出している。


   
低炭素社会をかなえるエネルギー
 2014年に経済産業省・資源エネルギー庁により「水素・燃料電池戦略ロードマップ」が作成された。
 私たちの生活は、これまで石油や天然ガスなど化石燃料に頼ってきたが、CO2排出による温暖化などの環境問題や資源の枯渇というリスクと常に背中合わせの状態だった。こうしたエネルギーへの不安を減らし、今まで通りの便利で豊かな生活を営める社会を築いていくため、環境問題と同時にエネルギー問題を真剣に考えるときを迎えている。
 近年、次世代エネルギーとして大きな注目を集めているのが水素だ。これまで水素は、一部の限定的用途に限られていた。しかし、水素と酸素の反応により、電気を取り出す燃料電池を活用することで日常生活への利用を広げようという動きが出てきている。
 水素のメリットは、地球上に豊富に存在する元素であること。風力や太陽光で発電した電気で、水を電気分解して水素を製造することはもちろん、使い道のなかった褐炭や下水汚泥などの未利用資源からも製造が可能なため、極端に言えば無尽蔵で枯渇の不安がない。さらに使用時にCO2を排出しないため、低炭素社会に向けた有力なエコエネルギーと言えるのだ。
水素社会実現の意義
水素普及にあたっての課題
 すでに私たちの日常生活には水素エネルギーが活用されている。2009年から市販された家庭用燃料電池(エネファーム)もそのひとつ。都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素で発電し、その際に発生する熱を利用して家庭に電気とお湯を供給する。 2014年から発売されている燃料電池自動車(Fuel Cell Vehicle=FCV)も水素を利用しており、電気自動車同様、走行時にCO2を排出しない。
 しかし、課題も残されている。たとえばコスト面。燃料電池関連の商品はまだお手頃とは言えない価格で、普及に向けた企業努力が求められる。また、目下急ピッチで進められている水素ステーションなどのインフラ整備も欠かせない。
 そして、何より重要なのは、水素エネルギーに対する我々一般消費者の理解である。水素はなじみがなく、危険なイメージを抱きがちだが、どのようなエネルギーであれ、使い方を誤れば危険なことに変わりはない。安全に扱うための体制づくりが肝要である。
水素社会実現に向けたトヨタの本気
 こうしたなか、トヨタ自動車では、持続可能な社会の実現に貢献するための新たなチャレンジとして「トヨタ環境チャレンジ2050」という取り組みを進めている。これは、気候変動、水不足、資源枯渇、生物多様性の劣化といった地球環境の問題に対し、車の持つマイナス要因を限りなくゼロに近づけるとともに、社会にプラスをもたらすことを目指すというもの。



 具体的な取り組みの一つに「新車CO2ゼロチャレンジ」を掲げ、2050年グローバル新車平均走行時CO2排出量を90%削減(2010年比)を目指している。2014年に発売された、FCV「MIRAI」は、その象徴的な車であり、トヨタの環境活動への思いが込められている。


/////

水素を燃料とした燃料電池自動車の「前途は明るい」=中国報道


トヨタの「MIRAI」・ホンダの「CLARITY FUEL CELL」は、水素を燃料とする燃料電池自動車として日本が世界に誇るクリーンな自動車だが、中国メディアの電子工程世界は18日、こうした水素を燃料とした燃料電池自動車の「前途は明るい」と論じる記事を掲載した。

 記事は、清華大学汽車工程系車用動力研究所に所属する教授の見解を紹介。水素を動力とする燃料電池自動車は「電気自動車の欠点を根源から解決した」と説明し、その欠点とは、例えばリチウム電池の一充電走行距離の短さ、充電に必要な時間の長さ、また安全性などの問題であると指摘した。

 さらにこの教授は、燃料電池自動車の今後数年間の市場は目覚ましく発展し、2020年には一定のレベルで量産化されているかもしれないと予測した。

 水素エネルギーの安全性に対して不安を感じる人もいるのは事実だが、記事はこの点についての同教授の見解として、水素燃料電池はリチウム電池よりも安全係数が高いことが、日本やドイツ、中国など各国の研究や実験によって判明していると説明した。
 
 また記事は、ホンダとゼネラルモーターズ、トヨタとBMWが燃料電池自動車の開発分野で提携していることを紹介。また、今後技術がさらに進歩していくにつれてさらに多くのメーカーが同市場に参入し、ハイレベルな研究開発が行われることにより、燃料電池自動車は今後の主流になるかもしれないと論じた。
//////