Car テック? 日産とトヨタの拡大戦略は一体何が違うのか 「ゴーン流」は多様な提携に活路を求める

「電撃的」「電光石火」――。日産自動車と三菱自動車の資本業務提携をめぐる報道では、この言葉が連日枕詞のように使われた。

三菱自動車の燃費不正問題が発覚したのは4月20日。それからわずか3週間で、しかも不正の全容解明の途上で、日産が三菱自動車に対して2370億円もの巨額出資を決めたのだからカルロス・ゴーン社長の決断の速さには驚かないほうが不思議だが、これまで40年近く、競争の激しい自動車業界で成果を挙げてきた稀代の経営者からすれば、至極当然の経営判断だったのかもしれない。

軽自動車を守るには提携継続が不可欠だった

もともと提携の契機となった軽自動車は日産が三菱自動車から供給を受けていた。軽自動車のラインナップを強化したい日産と水島製作所(岡山県倉敷市)の稼働率を引き上げたい三菱自動車の思惑が一致し、2011年に軽自動車事業で合弁会社を設立。2013年に両ブランドで新型車を発売する。「デイズ」「デイズルークス」の2車種で日産の国内販売全体の約4分の1を占める稼ぎ頭にまで成長した。ゴーン社長自身も「軽自動車での提携は成功していた」と評価する。

そこに今回の問題が起き、該当車種の生産・販売が中止に追い込まれた。日産は次期型の軽自動車から三菱自動車に代わって開発を主導するが、低コストで製造するノウハウを持っておらず、生産は引き続き三菱自動車が担うことになっていた。日産の国内販売で欠かせない存在の軽自動車を今後も売っていくためには、三菱自動車との提携を続ける必要性があった。

ただ、それだけであれば、三菱自動車の軽自動車事業のみ「居抜き」で買うなどすればよかったのかもしれない。窮地に立たされたとはいえ、三菱自動車も「手元資金には余裕があり、不正に関連する補償費用は賄える」(益子修会長)との認識だった。現状、三菱自動車は約4500億円(2016年3月末)の現預金を持っている一方、有利子負債は300億円程度しかなく、極めてキャッシュリッチでただちに資金繰りに窮する懸念はない。

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は規模拡大路線を突き進む

にもかかわらず、資本業務提携にまで踏み込んだのはなぜか。それはまさしく、規模拡大路線をとるゴーン社長にとって三菱自動車の持つ可能性に「好機」を見出したからだ。

日産ルノー連合の世界販売台数は2015年に852万台、ルノーは欧州を地盤とし、日産は北米や中国で強い。ただ、今後成長が期待できる東南アジアでは両社とも弱い。インドネシアでは首位のトヨタが3割超えのシェアを持つなど日系メーカーの牙城だが、日産は5%台と存在感が薄い。三菱自動車は11%と日産を上回り、SUVの「パジェロ」やピックアップトラックの「トライトン」の人気が定着している。

日産もピックアップトラックで「ナバラ」を展開しているが、三菱自動車に比べると訴求力はいま一つだ。三菱自動車の持つ販売ネットワークや現地ニーズに合わせた商品開発力を取り込めれば、東南アジア攻略という積年の課題を解決できる。

苦手を克服するだけでなく、強みも伸ばせる。両社ともに電動車の開発を手掛け、三菱自動車の「アウトランダー」は、電気自動車(EV)としてもエンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)としても使えるプラグインハイブリッドで世界一の販売台数を誇る。日産・ルノー連合は各国の環境規制強化にEVで対応する方針で、現在最も力を入れている開発領域の一つだ。

日産は2010年末に世界初の量産EV「リーフ」を販売してEVのグローバルリーダーを自負してきたが、足元では新興の米テスラモーターズの熾烈な攻勢を受けている。日産の開発トップの坂本秀行副社長は「基礎技術から製品まで三菱自動車の電動化技術には可能性が相当ある」と話し、三菱自動車との提携は願ってもないチャンスだったといえる。共同で開発できれば、開発効率を引き上げられ、二重投資も回避できるとあって、メリットも際立つ。

規模は無視できない

弱みを克服し、強みを伸ばす、これをスムーズに実現する上でも規模は無視できない指標だ。自動運転や電動化、各市場向けの商品拡充など、膨れ上がる研究開発費を捻出する上でもスケールメリットは重要だ。三菱自動車は2015年に107万台を販売しており、日産・ルノー連合に上乗せすれば、959万台と3位の米ゼネラル・モーターズ(GM)に肉薄する。ゴーン社長は「規模は目的ではなく結果」と話すが、世界トップのトヨタ自動車や独フォルクスワーゲン(VW)と伍していくためには、彼らと同じ土俵の「1000万台クラブ」に入ることには強い執念があるはずだ。

「週刊東洋経済」は定期購読者向けのオリジナルサイト「週刊東洋経済プラス」をオープンしました。「東洋経済ID」でログインすると最新号の一部記事を無料で読むことができます

台数のみならず、技術面でも優位に立ちたいというゴーン社長の思いも透けて見える。6月14日、日産は水素の代わりに植物由来のバイオエタノールを活用した燃料電池システムを開発したと発表。4年後の2020年の実用化を目指す方針も明らかにした。

燃料電池車(FCV)は車に充填した水素と空気中の酸素を化学反応させて発電した電気で走る車で、走行中に二酸化炭素を排出しない。次世代のエコカーとされ、量産車の発売ではトヨタとホンダが先行したものの、水素を供給するインフラの整備が課題となっている。日産が今回発表した燃料電池システムで用いるバイオエタノールはアメリカやブラジルでは既に普及していて、新たなインフラ整備の必要がない。1回の燃料補給でガソリン車並みの600キロメートルの走行が可能で実用化の段階では800キロメートル程度を目標としている。

この日の発表で一番驚いたのは坂本副社長が水素タンクを積んだ燃料電池車の実用化を凍結する考えを示したことである。日産・ルノーはダイムラー、フォードと3者で2017年の実用化を目標に、燃料電池の基幹システムを共同開発していた。今後は共同開発を続けても、実用化は個社の判断という考えだ。

国内の水素ステーションの整備では人件費や修繕費などのランニングコストのうち、3分の2を国が、残る3分の1を自動車メーカー3社(トヨタ・ホンダ・日産)で補助している。水素ステーションと燃料電池車は普及には両方が欠かせないという関係から「花とミツバチ」に例えられることが多いが、実用化凍結の方針を受け、ミツバチである車については「各社さんにお任せする」(坂本副社長)と素っ気ない。

この決断も極めて「ゴーン流」といえる。将来性の高い技術が出てくれば、臆することなくそちらにウェイトを移す。ビジネス判断としては当然なのだろう。

日産傘下の部品メーカー、カルソニックカンセイの株売却検討も自然な流れなのかもしれない。日産は約41%の株を保有しているが、全株を売却する方針で、投資ファンドや国内外の自動車部品メーカーが関心を示している。日産は1999年から始まったゴーン社長の経営再建策として系列部品メーカーの大半の株式を売却したものの、当初は重要部品のコックピットモジュールを生産できるという観点でカルソニックカンセイについては傘下に残した経緯がある。

系列にはこだわらない

同社の現在の主力商品は空調や排熱、内装部品だが、自動運転など新分野への対応は出遅れている。かねてからゴーン社長は「株の保有と取引は別」と主張していて、株を手離したとしても取引は継続できる。系列にとどめるメリットがなければ株を売却し、成長を促す。系列解体で旧日産系サプライヤーは大きな痛みを伴ったが、コストや技術を磨いたことで取引先が拡大し、成長を遂げた企業があるのも事実だ。系列を残し、グループとして体力をつけようとするトヨタとは対照的だ。

日本の自動車メーカーはこの数年、大型車を中心とする北米市場の活況と円安に支えられ、順風満帆だったといえる。しかし、為替は今年に入って円高に触れてきており、これまで牽引してきた北米市場も天井が見えてきている。

資源安で新興国経済もふるわない。年々厳しくなる環境規制への対応もまったなしで、今後の自動車の商品性を大きく左右すると言われる自動運転については、電機やITなど異業種からの参入が相次ぎ覇権争いが激化している。

商品、技術、市場の3つの側面で他社との提携に好機があるとみたら、果敢に攻め、連合を拡大していく日産のゴーン社長。その経営術はトヨタやVW、GMなど核となる1社を中心に複数のブランドを有する他の自動車グループとは一線を画する。どちらの方法が正解かは歴史の検証を待つしかないが、一つ確かなことは、動乱期に入った自動車業界では何もしないことが命取りになるということだ。


/////
トヨタ社長「言葉が見つからない」 ルマンV目前で散る

トヨタ自動車の豊田章男社長はレース後、コメントを発表した。

 ルマン24時間耐久レースに、ご声援を送っていただいた皆様に心より感謝申しあげます。本当にありがとうございました。

 TOYOTA GAZOO Racingは、「敗者のままでいいのか」と、あえて自分たちにプレッシャーをかけ、今までの悔しさを跳ねのける戦いを続けてまいりました。

 メカニック、エンジニア、ドライバー、そしてサプライヤーの皆さま。戦いに携わる全ての者が力を尽くし、改善を重ね、「もっといいクルマ」となって戻ってこられたのが、本年のルマンであったと思います。

 ついに悲願達成かと、誰もが、その一瞬を見守る中、目の前に広がったのは、信じがたい光景でした。トヨタのクルマも、速く、そして強くなりました。しかし、ポルシェは、もっと速く、そして強かった。

 決勝の24時間、そして予選なども含め合計で30時間以上となるルマンの道を、誰よりも速く、強く走り続けるということは、本当に厳しいことでした。

 チームの皆の心境を思うと、そして、応援いただいた全ての方々へ、今、なんと申しあげたらよいか、正直、言葉が見つかりません。

/////