「高速道路利用実態調査事業」   【EV/PHEV】高速道路の割引料金受け付け始まる!
 「高速道路利用実態調査事業」 スケッチ
 
 「高速道路利用実態調査事業」

4月27日(月)より電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHEV)個人ユーザー向けに、高速道路を割引料金で利用できる事業が開始されました。電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)ユーザーのみなさまより、GoGoEVにも「イマイチ申請方法がよく分からない」という声を頂きましたので、本日のコラムでは、EV/PHEVに乗られている方に上記の申し込み方法をご紹介したいと思います。


次世代自動車振興センターWebサイト

今回行われる事業は経済産業省が実施する「高速道路利用実態調査事業」という名称の事業で、噛み砕いて言うと、高速道路利用料金の一部を調査協力費という形でEV・PHEVユーザーに支給し、高速道路を利用するEV・PHEVを短期的に増加させ、高速道路上の充電器ニーズに関するデータを詳細に調査することを目的として実施する事業になります。

そのため、支給される費用は「調査協力費」という名目で、一般的に行われているETC割引などとは異なります。また、NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、本州四国連絡高速道路、宮城県道路公社、京都府道路公社、兵庫県道路公社の管理する高速道路等の一部において利用した料金が対象となります。(※東京湾アクアラインは調査協力費の支給対象外)

 今回の調査は3つの期間にわけられており、それぞれで受けられる割引料金は異なります。
  ①5~8月 一料金区間あたり1,000円(通常料金)を超える利用に対して、1,000円超過分
  ②9~12月 一料金区間あたり1,000円(通常料金)を超え2,000円(通常料金)までの利用に対して、1,000円超過分、2,000円(通常料金)を超過する場合は通行料金額(通常料金)の半額
  ③1月~2月 調査協力費は発生しません。

また、申し込みの大まかな手順は以下の通りとなります。
---------------------------------------------------------------
1. パソコン(PC)かスマートフォンで必要事項を記入
 2. 登録完了メールが届く
3. 同意書・必要書類を印刷、記入し郵送
-----------------------------------------------------------------------

1.下記のサイトから申請を行います。
高速道路利用実態調査事業申請フォーム
 http://www.kosoku2015.jp/entry/index.html

2.登録完了メールが届きます。

▲Web申請登録完了メール画面例

Web申請登録完了メール画面例


3.同意書、必要書類を印刷、記入し郵送ください。
WEBからの申込みが完了しましたら、以下の書類をご用意ください。
  ・自動車検査証(車検証)の写し
 ・ETC車載器セットアップ証明書の写し
 ・ETCカードの表面の写し
 ・充電カードの表・裏面の写し
 ・高速道路利用情報の提供に関する同意書
  ・振込先口座情報
  ・チェックシート

 なお、注意点として、Web申請登録完了メールが届いてから5日以内の郵送が必要になります。後日、事務局から送付されるメールに記載されているパスワードを入力後、申請内容を確認することができます。

 
参考までに、申請者数は現在約14,492名です。(4万人まで申請可)

(5月7日9時現在の申請入力数   14,492件)

なお、法人用向けの申請は5月15日(金)より開始する予定です。

 今回の高速道路割引で、お得に楽しくEVで旅行する機会がますます増えそうですね。調査に申し込み、休日の遠出やワンランク上の旅や贅沢をしてはいかがでしょうか。

●参考ウェブサイト:
-次世代自動車復興センター電気自動車等高速道路利用実態調査プロジェクト

目次
調査事業の概要

調査協力費について

調査への参加方法

ようある質問

を参照してください。
(  何度も、不具合がある? システムメンテナンス情報? 大丈夫かな? 日時の延長!? 時間の延長!?)
/////

大切なお知らせ
2015.12.04
【重要】アンケート最終締切日のお知らせ
締切日:12月25日(金)
アンケートの最終締切日を12月25日(金)とさせて頂きます。まだアンケートにご回答頂いていない方は、期限内にご回答をお願い致します。
※アンケートへのご回答は調査協力費支払の必須条件となります。なお、アンケート依頼メールの紛失等で再送をご希望の場合は、メールにて下記の方法でご依頼下さい。
 <再送依頼方法>
 宛先メールアドレス:tyousatoiawase@cev-pc.or.jp
メールタイトル:「アンケートメール再送依頼」
 記載必須事項:①一連番号、②申請者氏名、③申請時のメールアドレス
 その他、特記事項等ありましたらご記入下さい。 

2015.12.04
【重要】不備解消手続き最終締切日のお知らせ
締切日:12月25日(金)必着
 提出書類や入力の不備につきましては、マイページ上やメールにて個々にご連絡しておりますが、不備の解消手続きは、12月25日(必着)を締切とさせて頂きます。まだ不備解消の手続きをしていない方は、入力データ・提出書類の「変更または不備対処手続き方法」についてをご確認の上、締切日までに正しくお手続き頂きますようお願い致します。
※書類や入力のすべての不備の解消は調査協力費支払の必須条件となります。
※振込口座情報につきましては、上記締切日以降も必要に応じて受付致します。 

2015.10.26
【書類送付先住所変更のお知らせ】
 変更・不備書類の送付先住所を変更致します。
 下記リンク先PDF内の「送付先」に新住所が記載されていますので、今後書類等を郵送でお送り頂く場合は、こちらの住所までお願い致します。
http://www.cev-pc.or.jp/hojo/pdf/h26/hosei_h26highway_henkoutodoke.pdf
 ※尚、従来使用していた中央区銀座の送付先住所ですが、今後はご利用頂けなくなりますのでご注意下さい。

2015.10.01
【重要】新規参加申請受付終了のお知らせ
2015年9月30日をもって、本プロジェクトの新規参加申請受付を終了いたしました。なお、9月末までにご申請及び不備のない書類をご送付頂いた方は(9月末消印有効)、9月1日走行分から調査協力費の対象となります。ただし、万が一、9月末よりも前に予算が無くなった場合は、予算が無くなった時点に遡って調査協力費の支給対象が終了になる場合があります。 

【お知らせとお詫び】
9月18日より順次「アンケート調査ご協力のお願い」についてのメール送信を開始しておりますが、お送りしたメールに、一部文字化けしてしまう現象が発生いたしましたことをお詫び申し上げます。
またご申請者様がID・パスワードが分からない等でログインできない場合が多数発生しております。
 事務局で再処理をさせて頂きますので、「よくあるご質問」(最終ページ)に記されている方法に従って、対応をお願い致します。走行データの表示の遅れを含め、度重なる不手際、お詫び申し上げます。
また、アンケートが終了すると、マイページで「アンケートのご回答ありがとうございます」と表示しお知らせいたします。
この表示がされていましたら、無事アンケートが完了しております。

2015.09.16
【マイページへの走行データ反映のお知らせ】
9月15日に5月走行分の走行データをマイページに反映しております。当初予定より遅れましたことお詫び申し上げます。
 今後、6月・7月走行分につきましては9月末までに、8月走行分は10月末までに反映する予定です。
マイページ等で不備等のご連絡をさせて頂いている申請者様につきましては、走行データが表示されておりません。
 不備等への対応を9月末(消印有効)までにお願い申し上げます。
 不備等が解消されましたら順次走行データの表示作業を行ないます。 


2015.09.14
【サーバメンテナンスの延長お知らせ】
 以下の時間にて予定しておりましたサーバのメンテナンスですが、作業時間を延長しております。
■日時:2015年9月15日 13:00~23:00頃
メンテナンス時間の延長により皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご容赦のほどよろしくお願いたします。 


2015.09.14
【サーバメンテナンスのお知らせ】
 以下の時間にてサーバのメンテナンスを実施致します。
■日時:2015年9月15日 13:00~19:00
上記時間帯はマイページへのログインができなくなりますので予めご了承ください。
ご迷惑をおかけいたしますがご理解の程何卒よろしくお願い致します。

2015.09.11
【調査参加申請受付及び調査協力費の対象走行の終了時期について】
5月より開始した「高速道路利用実態調査事業」につきましては、調査協力費の支給対象走行を12月末までと予定しておりましたが、当初想定より早く調査協力費の支払見込額が予算額に達する見通しになりました。つきましては、本事業の参加申請受付を9月末で終了すると同時に、9月末までの走行をもって調査協力費の支給対象を終了いたします。
なお、9月末までにご申請及び不備のない書類をご送付頂ければ(9月末消印有効)、9月1日走行分から調査協力費の対象となります。ただし、万が一、9月末よりも前に予算が無くなった場合は、予算が無くなった時点に遡って調査協力費の支給対象が終了になる場合があります。
また、9月下旬より、申請者を対象にアンケートを順次開始する予定です。アンケートへの回答がないと、調査協力費支給対象にはなりませんので、御注意下さい。
その他、詳しくはよくあるご質問をご覧ください。 


2015.09.02
「よくあるご質問」に既に記載しておりますが「調査協力費の予算が無くなり次第、予算が無くなった日に遡って調査協力費の支給が終了になる場合があります」ので、この点ご理解いただきます様お願い申し上げます。

2015.08.31
【重要】走行履歴の表示についてのお知らせ
8月末に予定しておりました「マイページへの走行情報の表示」につきましては、データ処理作業の都合により、9月1日から9月15日にか けて順次実施させて頂く予定です。当初スケジュールから遅れますこと、お詫び申し上げます。

2015.08.28
【システムメンテナンスのお知らせ】
システムメンテナンスのため、8月31日(月)13:00~13:30の間マイページへのログインができません。
 作業完了後は通常通りログインできますので、上記時間帯だけお控えくださいますようよろしくお願いたします。
2015.08.11
【システムメンテナンスのお知らせ】
システムメンテナンスのため、8月12日(水)16:00~17:00の間マイページへのログインができません。
 作業完了後は通常通りログインできますので、上記時間帯だけお控えくださいますようよろしくお願いたします。

2015.07.14
【システムメンテナンスのお知らせ】
システムメンテナンスのため、7月7日~7月17日の間マイページへのログインはできません。 度々のメンテナンス期間延長、申し訳ございません。ご容赦頂きます様お願い致します。

2015.07.11
【システムメンテナンスのお知らせ】
システムメンテナンスのため、7月7日~7月14日の間マイページへのログインはできません。 度々のメンテナンス期間延長、申し訳ございません。ご容赦頂きます様お願い致します。

2015.07.07
【システムメンテナンスのお知らせ】
システムメンテナンスのため、7月7日~7月10日の間マイページへのログインはできません。 度々のメンテナンス期間延長、申し訳ございません。ご容赦頂きます様お願い致します。

2015.06.26
システムメンテナンスのため、29日11時~13時までサイトへのアクセスができません。

2015.06.02
【「高速道路利用実態調査」申請書類到着状況について】(6月2日更新)
 「申請入力通知メール」でお知らせしました「一連番号」で申請書類到着状況がご確認できます。これは「書類到着日」をお知らせするものです。「調査協力者」の決定をお知らせするものではありませんのでご注意ください。受け付け開始一週間で申請受付が1万件を超えたこともあり、書類到着時期によっては、しばらくお待ちいただく場合があります。ご容赦頂きます様お願い致します。
⇒詳細はこちら

2010.05.22





【重要:5月末までに申請された方への大切なお知らせ】
  1. 1.書類不備のご連絡について
    詳しくはこちらをご覧ください。
  2. 2.変更・修正の手続きについて
    詳しくはこちらをご覧ください。
2015.05.20






【「高速道路利用実態調査」申請書類到着状況について】(5月20日更新)
「申請入力通知メール」でお知らせしました「一連番号」で申請書類到着状況がご確認できます。これは「書類到着日」をお知らせするものです。「調査協力者」の決定をお知らせするものではありませんのでご注意ください。受け付け開始一週間で申請受付が1万件を超えたこともあり、書類到着時期によっては、しばらくお待ちいただく場合があります。ご容赦頂きます様お願い致します。
詳細はこちら
2015.04.28






【重要なお知らせ】
4月27日の申請受付開始より、アクセス集中のため一部「申請入力完了メール」送付が遅れる事象が発生し、大変ご迷惑をおかけ致しました。お詫び申し上げます。28日21時現在で、未送信分のメール発送は完了しておりますが、入力完了後、一日以上経っても「申請入力完了メール」が届かない場合は、メールアドレス入力間違い等の可能性がありますので、お手数をお掛けしますが再度申請入力をお願い致します。
詳細はこちら

2015.04.27

電気自動車等の高速道路利用実態調査への申請受付(個人の方)を開始しました。
///////

2015.04.30







【重要なお知らせ】
4月27日の申請受付開始より、アクセス集中のため一部「申請入力完了メール」送付が遅れる事象が発生し、大変ご迷惑をおかけ致しました。お詫び申し上げます。28日21時現在で、未送信分のメール発送は完了しておりますが、入力完了後、一日以上経っても「申請入力完了メール」が届かない場合は、メールアドレス入力間違い等の可能性がありますので、お手数をお掛けしますが再度申請入力をお願い致します。
  ⇒詳細はこちら
2015.04.27

電気自動車等の高速道路利用実態調査への申請受付(個人の方)を開始しました。

/////
上記のような混乱もあったようです。
/////
人によっては、複数回申請しているようです。


1度目の申請では、「一連番号」は100番まででしたが、2度目は95○○番台でした。

4月29日のWEB記事

およその申請推移

1度目の申請では、「一連番号」は100番まででしたが、2度目は95○○番台でした。

5月1日18時現在の申請入力数   12,180件

5月7日9時現在の申請入力数    14,492件
5月22日  現在の申請入力数         17,825件
5月28日 現在の申請入力数     18,572件
6月26日   現在の申請入力数     20,176件
7月31日 現在の申請入力数     21,276件
8月31日 現在の申請入力数     22,049件
9月30日 現在の申請入力数     22,697件

ご参加ありがとうございました
申請台数 22,697台
(9月30日)

参考
//////
参考
電気自動車ニュース
//////
電気自動車の世界累計販売台数

電気自動車・プラグイン車の世界販売台数を集計している『EV Sales』のブログから、1位は日産「リーフ」で世界累計販売台数が約17万2,000台に達していると伝えています。
ちなみに2位以下はシボレーの「Volt(ボルト)」で約8万8,000台、3位トヨタの「プリウス PHV」約7万1,000台、4位テスラの「モデルS」約6万6,000台、5位三菱の「アウトランダーPHEV」約6万台、6位「アイミーブ」約3万2,000台、8位BMWの「i3」約2万3,000台となっています。
私の以下の集計からすると「アウトランダーPHEV」は国内で約2万2,000台販売されていますから、外国では約3万8,000台が、「アイミーブ」は国内で約1万台販売されていますから、外国では約2万2,000台売れていることになります。
三菱 i-MiEVなどの2015年3月度 販売実績(2015/04/23)
「アウトランダーPHEV」は充電設備がなくてもガソリンで走ることができますから、それになりに販売できることはわかりますが、充電設備が充実しているとは言いがたいであろう外国でも「アイミーブ」が約2万2,000台売れていることに驚かされます。

1位日産「リーフ」約17万2,000台
2位シボレー「Volt(ボルト)」約8万8,000台
3位トヨタ「プリウス PHV」約7万1,000台
4位テスラ「モデルS」約6万6,000台
5位三菱「アウトランダーPHEV」約6万台
6位三菱「アイミーブ」約3万2,000台
・・・・
8位BMW「i3」約2万3,000台

【レポート】日産「リーフ」、電気自動車の世界累計販売台数で断然トップ
//////
2015年5月10日(日)
EV・PHVの高速1000円、応募台数半分以下 EVと高速道路の難しい現実 (yahoo ニュース)
高速が上限1000円になるも
 この5月から、経済産業省によるEV(電気自動車)とPHV(プラグインハイブリッド車)向けの「高速道路利用実態調査事業」が開始されています。これは高速道路上の充電器ニーズの調査が目的で、先着4万名(4万台)に対して、1回の走行あたり1000円(普通車の場合。ETC無線走行に限定)を超える高速料金を調査協力費として後日支給する、などするもの。(乗りものニュース)

//////
ETC・割引情報 | NEXCO 東日本

ETC・割引情報 | NEXCO 西日本

ぶらり中国ドライブパス2015
//////
2015.09.11【調査参加申請受付及び調査協力費の対象走行の終了時期について】
5月より開始した「高速道路利用実態調査事業」につきましては、調査協力費の支給対象走行を12月末までと予定しておりましたが、当初想定より早く調査協力費の支払見込額が予算額に達する見通しになりました。つきましては、本事業の参加申請受付を9月末で終了すると同時に、9月末までの走行をもって調査協力費の支給対象を終了いたします。
なお、9月末までにご申請及び不備のない書類をご送付頂ければ(9月末消印有効)、9月1日走行分から調査協力費の対象となります。ただし、万が一、9月末よりも前に予算が無くなった場合は、予算が無くなった時点に遡って調査協力費の支給対象が終了になる場合があります。
また、9月下旬より、申請者を対象にアンケートを順次開始する予定です。アンケートへの回答がないと、調査協力費支給対象にはなりませんので、御注意下さい。
その他、詳しくはよくあるご質問をご覧ください。


//////