【フォーミュラE】片山右京、第5戦マイアミの見どころとアグリ優勝を語る
inoru hito
(今日は、静かに手をあわせたい。)
////
[Formula E] I tell Katayama Ukyo about the 5th interesting place in Miami and ugli victory.


Formula car race by an electric car "FIA formula E championship". Katayama Ukyo told an interesting place in 5th game Miami which drew near on Saturday, March 14 and lace expectation.
Q. (You looked back to the 4th game, and.) was an order fluctuation a quick race most in the former race? Ukyo  The top was giving way one after another, so the one which is being explained was to the extent it was forgot what happened, wasn't it? (warai)
Q. Antonio of AMURINAGURI and a DA Costa player won the victory in it. Where is the cause of victory directly? Ukyo  Even a goal is said to be "... which arrived". (warai) are neither Nicholas of about 2 and a professional strike player (e. DAMUSURUNO) nor the inside of an intense battle the point that you avoided an accident, did a goal and raced more steadily than everyone in the same way about a DA Costa player, too?
Q. Is the "strategy" to win from now on also changing from this one game? Ukyo  That's right. I think a lot, each team is knowing the special quality of the how to use the arrangement and the battery, so additionally, of the performance reeled off the temperature, it's different and how to use the curb is becoming important to a chicane. In other words, I have to have the lead by how to run and a strategy more than a fuselage is improved. Even if I'm running through the top, I have to be careful by a victory's may also be deprived of a stupid championship by a mistake in a moment. Tactics and mental control will be increasingly important to a driver from now on, too, won't they?
Q. It's said that they run aground on a chicane curb and are the 3rd game and the 4th game related to trouble? Ukyo  When I have a high impact in the stroke, a suspension breaks with blow, doesn't it? A monocoque shows that you protect in case of a crash, because I have an influence on a lace result. Some parts will have to protect whether you say that you can't finish attacking, and are, aren't they?
 Q. The 5th stage is moved to Miami, but a course figure is seen, and how do you think? Ukyo  There are a lot of right-angled sections such as 90 times in an American race from the past, Miami is also a course layout I resemble. There is long straight and the big feature can overtake, there are only 8 sections. Even if a driver makes a mistake at the part, there is little loss time. When I say conversely, I think the time is dramatically close, so even a small mistake loses Gritt position of a preliminary and also sinks in the back by driver's mistake by a fast machine primarily. A driver feels a stress by the influence, and a dilemma forms, and if, a battle probably becomes intense, doesn't it? Because there are a lot of 90 times everywhere in a course in Long Beach from the past. When than a circular course with such corner is set, the sense of the dr
////
【フォーミュラE】片山右京、第5戦マイアミの見どころとアグリ優勝を語る

電気自動車によるフォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」。3月14日(土)に迫った第5戦マイアミの見どころ、及びレース予想などを片山右京が語った。
Q.(第4戦を振り返って)これまでのレースの中で最も順位変動が目まぐるしいレースでしたね? 右京 トップが次々と入れ替わるので、解説してる方は何が起きたか忘れてしまうほどでしたね。(笑)
Q.その中でアムリン アグリのアントニオ・ダ・コスタ選手が優勝しました。勝因はズバリどこでしょうか? 右京 ゴールまで「たどり着いた…」ということですね。(笑)2位のニコラス・プロスト選手(e.ダムス ルノー)も激しいバトルの中でもアクシデントを避けゴールしたし、ダ・コスタ選手に関しても同じように誰よりも手堅いレースをしたという点ではないでしょうか。
Q.この一戦から、今後勝つための「戦略」も変わってくるのでしょうか? 右京 そうですね。セッティングやバッテリーの使い方などの特性は各チームが大分、分かってきていると思うので、その他に気温などからくるパフォーマンスの違い、シケインなど縁石の使い方が重要になってくる。つまり、機体を改良するよりも、走り方や戦略で差をつけなければならない。トップを走っていても一瞬のミスで、優勝はおろかチャンピオンシップも失うかもしれないのでより気をつけなければいけない。今後は、ドライバーもますます、戦法・メンタルコントロールが重要ですね。
Q.3戦目も、4戦目もシケイン縁石に乗り上げるということでトラブルに繋がっていますよね? 右京 ストローク中にハイインパクトを与えると、一発でサスペンションが折れてしまいますね。クラッシュの際に、モノコックなどで守ってくれるのはわかるんだけど、レース結果に影響を与えますからね。ある部分は攻め切れないというか、守らなければならなくなりますよね。
Q.第5戦は、マイアミに舞台を移しますが、コース図を見てどう思いますか? 右京 昔からアメリカのレースには90度といった直角のコーナーが多いんですが、マイアミも似たようなコースレイアウトです。大きな特徴は、ロングストレートがあり、オーバーテイクはできるのですが、コーナーが8つしかない。その部分では、ドライバーが仮にミスをしてもロスタイムが少ない。 逆にいうと、タイムがものすごく接近すると思うので、小さなミスでも予選のグリットポジションを落としてしまうし、本来速いマシンでも、ドライバーのミスで後方に沈んでしまう。その影響で、ドライバーがストレスを感じたり、ジレンマが生じたりと、バトルが激しくなるでしょうね。 昔からロングビーチのコースは、どこも90度が多いですからね。そういったコーナーがあるサーキットは、セッティングよりもドライバーのセンスが試され、中速コーナーを高速コーナーのように走ることもできれば、低速コーナーにしてしまうのもドライバーの技量次第なんです。 90度コーナーというのは意外と奥が深いんですよね。立ち上がり突っ込み過ぎて少しでもブレーキングが乱れて出口が遅くなれば、その後に続くロングストレートで順位を落としてしまう、だから、我慢しなければならない直角コーナーもあれば、タイムを稼ぐように頑張って攻めなければならない直角コーナーもあるので、同じ90度でも違いがあります。なおかつ市街地にある直角コーナーは、ほぼブラインドなので勇気も試される。このように一言で言っても「直角コーナーは面白い」んですよ。
Q.フォーミュラEのように後ろの方が重い車体だからこそ、直角コーナーが難しかったりするんでしょうか? 右京 フォーミュラEの場合は車体重量が896キロと重いので当然影響はありますよね。その重さがタイヤのグリップを越えた後、慣性がかかってからが勝負のような状態になるので、それをセッティングによって、抑え込んでオーバーが出ないようにするのか、曲がりやすくするのか、ドライバーとチームが90度のコーナーに合わせたセッティングを決められるかにかかってきます。まさに、チーム力や、ドライバーの力量が試されますね。
Q.次回が5戦目ということでいよいよ後半戦に入りますが、(4戦目終了時からの)この1か月はどのような対応をしているのですか? 右京 データの見直しなど、各チームブラッシュアップできると思うんですけども、ドライバーはレースを連続で続けた方が、車の感触が残るので本来なら空かない方がいいとは思います。しかし、休み明けにどんなチームやドライバーがレースを見直して組み立ててくるかっていうところではかなり興味がありますよね。 第5戦は、コーナーが狭いので、戦いとしてはレースマネージメントしやすいと思うんですが、フォーミュラEの場合はセーフティカーが入って、エネルギーがセーブされた途端に、セーブされた分の余力が全てバトルに注がれるので、レースが予想以上にヒートアップして全く予測がつかないですよね。
Q.ここまで、前半4試合が終了しました。改めてフォーミュラEの面白さを教えていただけますか? 右京 最初は、世界中が注目する未来の大きなテーマでもある「エコ」という環境にやさしいことが開発のテーマだったと思うんです。その中で、バッテリーのエネルギースケジュールが重要視されていたので、耐久力が求められるスローペースの「我慢のレース」だと予想していたんです。 しかし、ふたを開けてみれば、開幕戦から激しいバトルで大きなアクシデントもあったり。さらに、第4戦のように、セーフティカーが入ってエネルギーが余った途端に、ゴングが鳴ったかのようなとんでもない激しいバトルが起きるという…他のカテゴリーでもない、制御不能な激しいレースとしては、NO.1じゃないですかね。
Q.「セーフティカー」も1つの見どころになりますね? 右京 世界中でTVを見ている人が、あっ!セーフティカー入った。さあエネルギーが余った。いよいよ始まるぞ!っていうのが、分かってますからね。レースに2つの顔があって、面白いですよね。1つは、レース前半のエネルギーを上手に使って走らなければならない高度なレースと、もう1つは、まるでモータースポーツの原点のような、ドライバーのプライドを賭けた「とにかく勝つんだ」という意地と意地のぶつかり合いといった激しいレース。「セーフティカー」によって、フォーミュラEの新しい特徴が見えましたね。
Q.初優勝したアムリン アグリのダ・コスタ選手、予選から比べて、タイムが上がってきたと思うんですが、今後アムリン アグリの逆襲的なことは期待できるのでしょうか? 右京 アムリン アグリ自体、開幕戦は、他のチームに比べて「テストの量」が明らかに少なかった。しかし、3.4戦目になってデータも取れてきて、乱戦に強いダ・コスタ選手の力もあって、優勝がまぐれとは言われないくらいの力がチームについてきた。でもそれ以上に亜久里さんは運がイイので、やっぱり持ってるのかしれないですね(笑)
////